teruji-kun Hirata-Juku...天才UFO

HOME | 道具・力学 | 熱・化学 | 電気・磁気 | 量子・相対論 | 電子・IT・新技術

* 電子・IT・新技術17:CD(1982年:ソニー&フィリップス)

Q98:オーディオのデジタル化は、それまでのアナログオーディオのある装置の特性を改善しようという試みから始まった、その装置とは一体何だったか?

1965年、NHKの音響研究部長だった中島平太郎(なかじま へいたろう、日、1921年~)は、オーディオの将来技術を考えていた。1958年にマイクの改良(C-37/38)、1960年にスピーカーの改良(2S305)を果たし、日本のオーディオ技術を世界的な水準にまで高める実績を挙げていた。また、その中島製マイクは米国でブルーノー・ワルターのオーケストラ録音に採用されていたのである。しかし、まだテープレコーダの特性が充分ではなかった。特に歪み率が他のオーディオシステムに比べ一桁以上悪く、いろいろ改良を試すものの、大幅には改良されない。「これは改良では無理で、抜本的な革新が必要だ」と中島は確信する。そんな時、部下の一人、林(林謙二氏)がぶらっとやって来て、「デジタルで録音してはどうだろう?」と通信技術で始まっていたデジタル革命の流れを語った。「それだ!」と中島は直観するのである。(技術の始まりは分析ではなく直観であることが多い)

 ところが、デジタル録音の構想を上部に話しても「そんな巨額で大規模なコンピュータ技術のようなものをオーディオに導入できるわけがない」と大反対される。結局、上には黙って「もぐり研究」を林と始めた。が、あまりお金は使えないので大学(早大)と組んで行うことにした。翌年の1966年、試作機が完成する、さっそく試聴。すさまじい雑音の中からかすかに「実にクリアで歯切れの良い」音が聞こえた。この時、体が震えるような感動をした、と言う。この感動がその後の辛い時、常に励みになった。

 1971年、中島はソニー(井深)に引き抜かれ、音響技術研究所の所長になる。よし、ここでデジタルオーディオを実用化しよう!と意欲を持つが、ここでもトップの井深大(いぶか まさる、日、1908~1997年)に猛反対される。井深はデジタル技術が大嫌いだった。しかしデジタルへの夢は燃え上がるばかり、そしてソニーで当時4chステレオ技術の迷走で不満を感じていたエンジニア数名を引き入れ、上に内緒で、またもや「もぐり研究」を始める。そして1976年、ソニーが当時力を入れて開発していたVTR技術ともぐり研究で開発したD/A変換器(音響信号のデジタル化⇔アナログ復調を行う装置)を組み合わせることで、世界初の民生デジタルテープレコーダPCM1が完成した。林の夢のささやきから11年後のことであった。

 1970年半ば、記録技術は磁気テープから光ディスク記録への進化が始まっていた。中島たちも次は光ディスクだろう、と考えソニーの光ディスク開発部隊に話を持ちかけるが、これはオーディオ用ではないとはねつけられる。しかし、それにも負けずにディスクへのシフトを試みた。ところが、テープにくらべあまりに記録エラーが多く、テープで使えたデジタル技術はそのままでは使えない。PCM1を発売した事で、既に「もぐり」から正規の開発組織になっていたメンバーは、この困難にさらに燃える集団となり光ディスク用の「新記録技術と誤り訂正技術」を開発する(1978年)。これらが後のCDに生かされることになる。しかし当時30cm直径(LPサイズ)の長時間大型光ディスクを想定していた。

 1979年3月、和蘭のフィリップス社から直径11.5cmのCD(Compact Disc)原案が日本の各社に提案される。ソニーはこの小型で商品性の高い提案にショックを受け、フィリップスとの共同開発を始めることにした。デジタル技術に強いソニーとディスク技術に強いフィリップスという協力関係ではあったが、東京(品川)と和蘭(Eindhoven)を何度も行き来し、激論を飛ばしながら、さながら技術闘争のようであったらしい。さらに国内他社からの規格に対する批判や対立、音楽ソフト制作会社からの反目と厳しい要求など、政治的調整にもあけくれた。「1980年の1年間は20年ほどの仕事が凝縮されていた」と中島は述懐している。しかし最も厳しい批判者は社内だった。デジタルなど先行きは無い、現行の(当時良好な)アナログオーディオビジネスに悪影響を与える、莫大な開発費を使ってけしからん等、様々な内部批判が殺到。井深も目を瞑ってくれていたものの、本音は反対であった。

 1982年10月ついにソニーから世界初のCDプレーヤ(CDP-101)とCD音楽ディスクが発売される。装置の価格は168000円、ディスクのサイズはソニー案「ベートーベンの第九交響曲が入る74分」の直径12cmに修正されていた。鳴り物入りで発売されたCDは当初、一部のオーディオマニアが購入したものの、その後全く売れなかった。そして1984年ソニーが携帯型のCDプレーヤーD50(49800円)を出すまで2年間も不振が続くことになる。5万円を切る携帯可能なCDプレーヤの出現で、ようやく大衆は重い腰を上げ、CDの購買を始めたのである。当時はWalk Manでカセットテープを聴くことが音楽スタイルであり、その可能性がCDで見え始めたこともモチベーションになった。音の良さという「質」の要素はそれほど一般消費者にアピールせず、ましてや技術革新そのものには、大衆は関心を示さないという一つの例であり、普及のポイントはあくまでもアプリの魅力であった。

宿題98:井深はCDが発売された時、中島たちの労をねぎらい、「君の執念には脱帽した」と賞賛する。そしてもう一言付け加えた、デジタル嫌いの井深はなんと言ったか?

*NEXT

次は何を読もうか↓(下の目次か右側のリンクより選んで下さい)

内部リンク

外部リンク