teruji-kun Hirata-Juku...天才UFO

HOME | 道具・力学 | 熱・化学 | 電気・磁気 | 量子・相対論 | 電子・IT・新技術

* 電気・磁気15:映画(1891年:エジソン、1893年:リュミエール兄弟)

Q54: 映画の先祖は静止画の写真(カメラ技術)である。では静止画をいかに動くように見せたのだろう?

人間の目は1/10秒程度、残像を感じる、という特性がある。つまりこの時間より短い間に次の映像を見せると映像が滑らかに動いているように感じるのである。この一種の錯覚を利用した道具(見世物)は1831年、ベルギーのプラトー(Joseph Antoine Ferdinand Plateau、ベルギー、 1801~1883年) によって発明され「フェナキスト・スコープ」と呼ばれた。これはパラパラ漫画をこま(独楽)の円盤に描き、こまの軸を横に寝かせて回転させ、円盤の裏側から画と画の間に入れたスリットを通して表円盤上の絵を見るというものである。このタイプのスリット式回転体による動画のおもちゃはその後何種類か現れ、見世物としての興味を1800年代半ばあたりにもたれていた。

次の大きな進化は写真家エドワード・マイブリッジ(Eadweard Muybridge、英、1830~1904年)によって1877年に12台のカメラを使って撮影された「走る馬」の連続写真である。初めてフィルム上に残された連続静止画像と言える。さらに彼は「ズープラクシ・スコープ」と呼ぶ投影機も発明し(1880年頃)、彼の撮影した連続静止画像を動いて見える動画として再生させ、多くの人々を驚かせた。その後アメリカ中をデモしながら回り、1888年にはエジソンの研究所を訪れ、エジソンに蓄音機とこの動画装置との連携を提案している。エジソンはこの提案に強い興味を持ち、早速マイブリッジ式の改良を試み、1888年秋には「キネト・スコープ」と呼ぶ活動写真装置の特許広告の申請をした。

 このような時期、米のイーストマン(George Eastman 、米、1854~1932年)は写真用フィルムを産業化しようとしていた。1881年に写真フィルムの生産工場を設立。1888年にはフィルムカメラ「コダック」を、そして1889年にはもっと便利なセルロイド製の巻き上げ式ロールフィルムを作ったのである。このフィルムにエジソンはひらめいた、これで連続写真を撮り、それを断続的に再生すれば、動画として実用的なキネト・スコープができるだろうと。時代の進展というのは、かくも見事に絡み合って、新しいものを生み出すものである。そしてエジソンにはその融合の才能があった。又、多くの人が彼をたよって、先端的な技術を彼に紹介したのである。

 さて、いよいよエジソンの出番だが、フィルムに連続静止画を撮影するための工夫としてロールフィルムの縁に一定間隔で穴を空け(パーフォレーションと呼ばれる)、さらに1コマづつ静止させながら送る撮影機を開発する。尚、再生機はスクリーンに投影させることを好まず、覗き箱タイプのキネト・スコープを良しとした。「一度に多くの人が見られるようになったら、装置が数多く売れなくなる」というのがその理由。しかしエジソン社の映画開発者ディクソン(William Kennedy Laurie Dickson、英、1860~1935年)はスクリーン投影を主張し対立、結局エジソン陣営としては両方の技術を持つことになった(後にディクソンは独立し対立を深める)。その後エジソンは蓄音機との同期再生や字幕投影技術などを開発している(1890年代後半から1900年代)。

 1890年代の映画開拓者は、エジソンのほかにも数多く現れた。有名どころはエジソンのキネト・スコープを投影式に改造したレーサム兄弟(1895年、後ディクソンと組む)、間欠フィルム走行技術のアーマット(1896年エジソンにそっくりパクられる)、そしてリュミエール兄弟(兄;Auguste Marie Louis Lumière 、仏、1862~1954年、弟;Louis Jean Lumière 、仏、1864~1948年)などである。特にリュミエール兄弟は現在映画の父と呼ばれていて、映画100年祭などは、彼らの映画開発を起点として数えられている。さて彼らは何を発明したのだろう?リュミエール兄弟は、画家であり写真技師である父親のもと、1862年と64年にフランスで生まれた。1893年シカゴ万博で公開されたエジソンのキネト・スコープに刺激を受け、父親のアイディアを頼りに多くの人が見られる映写機(シネマト・グラフ)を試作する。1895年2月に特許を取得して、その年の12月末に自分たちで撮影した映画をパリのカフェで有料上映した。自分たちの工場の出口の様子を映した映画など数本を公開し、そのリアルな映像に多くの聴衆は衝撃を受けたようだ。これが映画上映の始まりと言われている。映画の可能性を確信したリュミエール兄弟は、世界中に撮影隊を派遣し(1897年、日本にも来た)、多くのドキュメントフィルムを撮影、それらの上映を続けた。尚、エジソンの拡大投影方式の活動写真はリュミエール兄弟の1年後の1896年に完成し、公開された。

宿題54:映画はハードウエアだけでは普及しない。コンテンツが重要なポイントだが、最初は街の風景のようなドキュメントを発明家たちが撮り公開していた。ところで最初のストーリー映画はいつ頃作成され公開されたのだろう?又その内容は一体何だったか?

*NEXT

次は何を読もうか↓(下の目次か右側のリンクより選んで下さい)

内部リンク

外部リンク