teruji-kun Hirata-Juku...天才UFO

HOME | 道具・力学 | 熱・化学 | 電気・磁気 | 量子・相対論 | 電子・IT・新技術

* 電子・IT・新技術9:ビデオレコーダ(1956年:アンペックス社)

Q85:ラジオ放送が始まり、音声を記録するテープレコーダが発明された。次にTV放送が始まり、映像を記録するビデオレコーダが発明されたが、これはテープレコーダ技術を改良したものだった。音声と映像の記録には、どこに違いがあるのだろう?

高周波、つまり振動の速い波を記録することは、容易ではない。紙に鉛筆でジグザグの振動図形を書くことを想像すると分かるだろうが、速くかつ振幅の大きいジグザグを書くためには、高速で鉛筆を動かすかもしくは紙のほうを高速で移動させる必要がでてくる。テープレコーダの場合は、磁気ヘッドのギャップを狭くしてより細かな磁気信号を出力させ、かつ磁気テープの回転スピードを超高速にすることに対応する。それにしても20KHzと4MHzでは差は200倍にも達する。どのようにしてこの高周波記録を実現できるようにできたのだろう?(尚、現在はデジタルハイビジョンの時代なので、さらに高精細かつカラーさらに3D信号を高フレームレート{滑らかな動きを出すため、1秒あたりのフレーム数を増やす}で記録している)

 第2次世界大戦が終了した1945年、連合国側は敗戦国のドイツで優秀な磁気記録テープレコーダが既に実用化されていることを知った。米陸軍の通身隊に勤めていた技術者ジャック・マリン(John T. "Jack" Mullin 、米、1913~1999年) はドイツのラジオ局で手に入れたAGE社製のテープレコーダと磁気テープを米国に持ち帰り、その改良に取り組んだ。そして1947年にハリウッドで公開実演をしていた時に歌手のビング・クロスビー(Bing Crosby、米、1903~1977年)に出会ったのである。クロスビーは当時売れっ子の歌手であり、ラジオのスターであった。当時のラジオ放送は全て実演であり、その緊張感とプレッシャーに彼はほとほと参っていた。しかしレコードの音は悪く放送に使えない。そんな時にマリンの改造したハイファイ音質のテープを聞いて「これでラジオ放送に革命が起きる」と直観したのである。あらかじめスタジオでテープに録音した音を編集しラジオで流すことが可能になるからだ。これならリラックスして仕事ができる。マリンはクロスビーのチーフエンジニアとして雇われた。さらに地元カリフォルニアの小さな電気会社(社員6名)に新しいテープレコーダの開発・製造を依頼し投資まで行った。これが後のアンペックス社である。

 50年代に入るとクロスビーはTVに進出する。そこでマリンはアンペックス社と組んで画像を記録できるテープレコーダ(ビデオレコーダ)を開発することにした。まさにニーズ先行型の開発であった。1952年に試作機の完成をみるが、実用化のためにギンズバーグ(Charles Paulson Ginsburg、米、1920~1992年) やドルビー(Ray Milton Dolby、米、1933~2013年;後にドルビー研究所創業)などのアンペックスチームが活躍し、1956年に世界初の2インチVTR(VRX-1000)を当時の値段$50000で発売。その後長く放送局で使われた。このビデオテープレコーダは高周波記録を可能にするために様々な工夫がされている。「4個のヘッドを持つ回転ドラム」「テープ走行と垂直方向への高速断片記録」「信号のFM変調と断片記録のつなぎ合わせ」つまりオーディオ用のテープレコーダーではテープの走行方向に記録をしていたのをやめ、走行とほぼ垂直方向に断片化した信号を回転ドラムで高速に記録する方法を取った、これによってテープ面に対する磁気ヘッドの相対走行速度を40m/secまで上げることが可能となり、10MHzクラスの高周波記録を可能にしたのである。この方式は現在までVTR技術として使われている。

 この2インチVTRは大きく(軽自動車並み)、高価(日本円で当時3000万円ほど)であったため、財政の豊かな放送局のみが使える貴重品であった。しかしその便利さゆえ世界中で利用が進み、その当時の歴史的記録テープ(アーカイブ)が各国の放送局に残っている。ただ現在これを再生できる機器が保守できないため、再生することができずに蔵入り状態にあるようだ。ところで2インチVTRはその後、1959年にカラー化がなされ、1964年にはハイバンド化(高周波記録特性の改善)により画質が改善される。また、1971年にはそれまでの職人技だった「テープの手切り編集」を「タイム・ベース・コレクタ」と呼ばれる同期信号の利用技術により電子編集を可能にし、かつ画像のゆれ(ジッター)を低減させた。このような改良を進めながら2インチVTRは1980年頃まで放送局で活躍することになる。80年代に入ると、アンペックスとソニーにより新VTR規格が作られ、より小型で安価な1インチVTR時代に入る、そしてその後アンペックス特許を回避した3/4インチのUマチック(カセット化)、さらに民生機の1/2インチのベータやVHSの時代を向かえ、VTRが家庭で普及するようになったのである。

宿題85: 磁気記録のためにはVTR機器だけでなく、信号を記録する磁気テープの存在も重要だが、日本で最初に磁気テープを開発したソニーは、紙の上に磁性粉を塗ることで磁気テープを作っていた。当初、どうやって磁性粉を紙に塗布したのだろう?

*NEXT

次は何を読もうか↓(下の目次か右側のリンクより選んで下さい)

内部リンク

外部リンク