teruji-kun Hirata-Juku...天才UFO

HOME | 道具・力学 | 熱・化学 | 電気・磁気 | 量子・相対論 | 電子・IT・新技術

* 電子・IT・新技術3:ロボット(1920年:チャベック、1962年:エンゲルバーガー実用)

Q67:1950年にSF作家アシモフ(米、1920~1992)はロボットが従うべきルールを、「ロボット3原則」として提唱した。一つは①「人に危害を加えてはならない、又、それを見過ごしてはならない」、②「①に反しない限り人間に服従する事」、さて最後の一つは、①と②に反しない限り何をすべきだと言ったか?

将来、本当にかしこく自律したロボットが生まれた時、こんな勝手なルールを作った人類など簡単に滅ぼしてしまうかもしれないが、この3つのルールはなかなか味わい深いものがある。 これを人に適応してみると

①「他人に危害を加えてはならない」
②「上位者に従い秩序ある社会を形成する」
③「自分や家族の身を守る権利を持つ」

という、人の社会的存在としての基本ルールが現れる。 又、家電製品に適用すると

①「人に安全であること」
②「使い安いこと」
③「故障しにくいこと」

というポイントが現れる、 さらに最近の環境問題に適用させると

①「自然界に害を与えないこと」
②「自然の法則に逆らわないこと」
③「自然の恵みを享受してそれぞれの種をバランスよく反映させること」

と、これまた優れた行動指針が現れる。なかなか深みのある3原則なのである。

 ところで、ロボットの原型はからくり人形であろう、オートマトン(Automaton;自動人形)とも呼ばれ、その歴史はかなり古い。古代より、人は自分を模った「人形」を作ることで、自然や神への畏敬の念を表した。又、それは子供の玩具としても愛用された。そしてエジプト、ギリシア、中国では紀元前からすでに、動く人形が作られている。例えば、古代エジプト時代の手足が動く木製人形の発掘、アレクサンドリア時代にヘロン( Hero of Alexandria、古代ローマ、紀元10年頃〜70年頃)の設計した「バッカス神殿を巡る自動人形」の構成図、などが残っている。

本格的に機械人形が作られるようになったのは、ヨーロッパで時計技術が進化した14~15世紀頃のことであり、自動演奏装置オルゴールと融合させた、時計台のからくり時計が民衆の興味を誘った。さらに17~18世紀になるとからくり人形職人が現れ、貴族達に大いに好まれ、巧妙な名作が多数生まれた。例えば、ヴォーカンソン(仏1709年生まれの機械技師)作の「笛吹き童子」、「太鼓を叩く少年」、「アヒル」などが1738年パリの科学アカデミーで公開され、驚嘆された。何が驚嘆かと言うと、笛吹き人形は実際に息を吹きホンモノの笛を吹き鳴らし、アヒルに至っては、水を飲み餌を食べ、フンをして(!)、羽ばたきガーガー鳴いたというから、その巧妙さには舌を巻く。しかし、この匠な技術も1760年に始まった産業革命と共に「実用的ではない」ということで見捨てられていった。ささやかな文化が文明によって消されていった例である。

自動人形が廃れ、いよいよロボットの概念が現れるのが、20世紀初頭だが、これは技術からではなく文学(SF作家)から生み出された。まずロボット(roboti)という言葉が始めて使われたSF戯曲「R.U.R」が1921年チェコの作家で園芸家のチャペック(Karel Čapek、チェコ、1890~1938年)により発表される。ここで現れるロボットは、合成有機体による人工生体部品をつなぎ合わせて作ったバイオロイドであり、機械式のものではない。人間が使役労働の為に作ったロボットが、ある日「心」を授けられ反乱、堕落した人類を滅ぼしロボットの時代を作る、というストーリー。SFは20世紀半ばから後半に掛け、ロボットの概念を発展させながら、大衆に普及させてゆくことになる。1950年アシモフ(Isaac Asimov、米、1920~1992年)の「ロボット3原則」の提言とその後のロボットSFによる思想展開。そして1951年手塚治虫(日、1928-1989)の漫画「アトム大使(鉄腕アトムの前身)」による、人間とロボットの友好的な関係に基づく未来像の提示。これらの作家が後のロボット開発に与えた影響は非常に大きい。

一方で、技術の点からもロボットの要素技術は進化を遂げる。ロボットを実現するために必要な技術は大きく次の4種と考えられる。

①	運動;関節を有する動作機構、2~多足歩走行、跳躍、飛行、泳ぎ等の移動、
②	感覚;視覚、聴覚、触覚等センサ技術、各種入力技術と認識
③	知能;情報処理、記憶、制御、思考、出力技術(発声、表現)、自律保守
④	エネルギ;エネルギ獲得・加工・蓄積・廃棄技術、(放熱、呼吸、注排水)

これらは結局人間存在の本質に関係し、科学技術の最終的統合システムである。最終的な理想ロボットへの道はまだ遠いが、1960年頃から産業用ロボットが現れ工場の効率化に使われだした。そしてその世代進化につれて「決められたプログラム通りの動き」⇒「センサによる動きの修正」⇒「作業内容の学習と制御」⇒「複数ロボットの協調動作」へと高度化している。さらに人工知能(AI;Artificial Intelligence) による「判断と動作選択」が展開されつつあり、その進化はまさに人類の将来を変えてゆく可能性(危険性?)をも持っていると言える。(トランジスタ技術、2015年9月号に掲載)

宿題67:1970年頃から、「2足歩行」を実現するため、下半身の足ロボットを精巧なモーターや制御装置、軽くて丈夫な構造材で組み立て、安定な動作を目指したが、転倒や振動などで失敗ばかりが続いた。そこで気づいた意外な解決策はいったい何だったろう。

*NEXT

次は何を読もうか↓(下の目次か右側のリンクより選んで下さい)

内部リンク

外部リンク