teruji-kun Hirata-Juku...天才UFO

HOME | 道具・力学 | 熱・化学 | 電気・磁気 | 量子・相対論 | 電子・IT・新技術

* 道具・力学:番外編3 天才は幸せか?

番外1:クイズはありません

 天才は果たして幸せだろうか?決して幸せではありませんでした、凡人でよかったね、と思いたいのだが。本当はいったいどちらなのだろうか?確かに野球の天才であれば、金がもうかり、人気もでる。人より少ない努力で、優れた成績を残せる可能性がある。事実、松井やイチローは努力ももちろんだろうが、とりわけ優れた成績を上げ、とりわけ高い報酬と名誉を得ている。他の選手だって、決して努力が少ないわけではないだろう。遠くの有名人でなくても、自分の近所にも小天才はいろいろいる。例えば英単語や社会の年代を、いとも簡単に覚えてしまう人がいる。学校の試験というのは基本的に記憶力テストであるため、その記憶天才は少ない努力で優れた成績をとることができる、進学も容易だ、うらやましく思ってしまう。

 ところで、幸せとは何だろう?おそらく次のような要素がかかわっているのではないだろうか?「健康に恵まれている」「金銭的なゆとりがある」「生きがいを持ち、夢中になるものがある」「信頼できる楽しい友人をもっている」「相性のよい相手と結婚し明るい家庭を築く」「社会的に評価される」もちろんこのような要素がなくても幸せな人生はあるだろう。しかし、これらの要素が満たされない場合、たとえば病気がちで、金もなく、家族も無い。生きがいが無く、友人知人も少なく、社会帰属感も薄い。さあどうだろう、かなりつらくはないだろうか?この状況ではよほど強い精神力がないと、やっていけないと感じてしまう。

しかし天才とは、この中の「生きがい」一つさえあれば、強い幸せを感じられる人なのである。多くの天才は、病的であり、社会や友人から見放される、もしくは自ら見放す。家族を持たず、孤独であることが多く、金にも困ることが多い。しかし自分の生きがい一つを追い求める才能を有しているのである。そして多くの場合、生前には評価されず、死後になって評価される。さて、どうだろう。しかし、それも又幸せの一つの形なのかもしれない。

宿題はありません

*NEXT

次は何を読もうか↓(下の目次か右側のリンクより選んで下さい)

内部リンク

外部リンク